« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »

2010年7月

2010年7月18日 (日)

瓶詰め

Dvc00156

いよいよ最終工程の瓶詰めが終わりました。
このままあと2週間ほど寝かしておけば、瓶の中で炭酸が発生して飲めるようになります。
瓶詰めの前に試飲してみたら、ちゃんとまともなビールの味がしました。
炭酸が入っていなくて生ぬるいけど、おいしいビールの味でした。


Dvc00157

夏用に短く刈りこまれた動物です。
得体の知れない生き物のようでしたが、やっと見慣れてきました。

2010年7月11日 (日)

19リットル

Dvc00150_2


溶かしたモルトを水と一緒にタンクへ仕込んだ時点で安心してしまい
危うくドライイーストを入れ忘れるところでした。
発酵が完全に終了するまでの2週間くらいは、とりあえずやることがありません。

蓋の上に付いているのは発酵ガスの逃し弁です。
既に初期発酵が始まっているので、ポコポコとガスが出てくる様子が見えて楽しいです。

総仕込み量は19リットルなので、中瓶でおよそ2ケース(48本)くらいの量になります。
タンクの隣にあるダンボール箱に、今回用意した専用のガラス瓶が入っています。
当然ですが打栓機と王冠も手に入れました。
そして、今回初めて「比重計」というものを使いました。
温度計を太くしたような成りで、下に重りが付いているので、
液体に差し入れると、釣りで使う浮きのように立ちながら浮きます。
これで麦汁の比重を調べ、瓶詰めのタイミングを知るのです。

次回、2週間後には瓶詰めの様子をご紹介できると思います。
それにしても、お許しが出てから2日後にはもう仕込んでるんだから行動早いよねおれ。

« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »