« 予定変更無し | トップページ | 曽我八幡宮 »

2010年5月12日 (水)

尾根うろ

Dvc00093_2


 いよいよリトルカブで山行を実践する機会がやってきました。田貫湖駐車場へバイクを留め置き、バンガローサイトを抜けて長者ヶ岳への尾根へ取り付きます。

Dvc00094_2


 登り始めて15分ほどで雨が降ってきましたが、木陰を歩いている限り濡れるようなことはないので、そのまま上を目指しました。
それから間もなく、頭上で雷の音が響き始め、同時に雨脚も強くなってきたので、合羽を着る事にしました。購入して2年が過ぎ、初めて雨合羽として使います。


Dvc00095_2


 先へ進むほど雨が強く雷の音が気になってきたので、早々に引き返すことにしました。そうして下り始めると、空には青空が広がり、雨も止み始めてきたので、再びきびすを返して登り始めると、間もなく再び暗雲立ちこめ雨は降り雷は(以下略)。
こんなことを何度か繰り返していたらやる気も失せてしまい、下山して湿原を散策してから、とっとと帰ることにました。湿原にかかる歩道は、新しい木で再整備されていました。


Dvc00096

 帰る途中、「天神山自然観察の森」というところへ寄ってみました。自然観察、野鳥観察などを目的として整備された公園で、元国立病院の裏あたりにあり、駐車場やトイレも完備されています。ただ、人気のある場所ではないらしく、草は生え放題、歩道は荒れ放題で、しかしそれがかえって自然のよさを際だたせているように見えます。普賢草という看板を掲げた木が桜色の綺麗な花を咲かせていました。

 帰宅後、使った雨合羽の手入れを入念にしました。洗濯をして乾かしてから、防水スプレーを吹いてアイロンで定着させます。これをやっておくのとやらないのでは、場合によっては生死を分けます。ちょっと大袈裟ですが、こういう作業は保険だと思ってやっています。現に今朝も雨具を持っていこうか散々悩んだ末、やはり持って行った甲斐がありました。

« 予定変更無し | トップページ | 曽我八幡宮 »

お山」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1342771/34686363

この記事へのトラックバック一覧です: 尾根うろ:

« 予定変更無し | トップページ | 曽我八幡宮 »