« テストラン | トップページ | 予定変更無し »

2010年4月16日 (金)

線を繋げる計画

 静岡と山梨の県境となる稜線を、数回に分けて少しずつ歩いています。

001

 南は田貫湖西側にある長者ヶ岳の山頂から、北は毛無山南西に位置する地蔵峠までの未踏破区間(赤線が付いていないところ)を繋げると、三方分山から天子ヶ岳までの稜線を繋げることができます。最後に残っているだけのことはあって、計画を立てづらい区間です。往復に7時間はかかる道のりなので、自宅からの所要時間を勘案すると、日帰りでは到底無理です。

002_4

 詳細地図を見ると、未踏破区間の真ん中辺りに林道のトンネルがあるのがわかります。「湯の奥猪之頭林道」と名付けられたこの道は、崩落の危険があるため定期的に閉鎖される難路ですが、現在静岡県側のトンネル手前まで行くことは可能です。そして、このトンネル入り口から稜線へ出るための登山道があるのです。

003_4


 以前、無謀にも自転車でこの峠越えにチャレンジしたことがあります。そのときはトンネルに到達した時点で日没が迫っていたため、すぐに引き返してきました。その後調べて登山道の存在を知り、県境の稜線を歩き繋げる計画が一気に現実化しましたが、いかんせんそこへ至るまでの移動手段を手に入れられませんでした。

 ここまで書いて、ようやく先日手に入れたリトルカブの出番がやってきます。原付バイクなら、林道脇に止めておいても通行の邪魔になることはありません。一気に往復などと無謀なことをせずとも、2回に分けてのんびり線を繋げればよいのです。このトンネルまでバイクで登ってきてしまえば、稜線まではすぐそこです。ただし、これでも登山と言えるのか?という疑問は残ります。

« テストラン | トップページ | 予定変更無し »

お山」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1342771/34252034

この記事へのトラックバック一覧です: 線を繋げる計画:

« テストラン | トップページ | 予定変更無し »