« リトルカブ詳細 | トップページ | 線を繋げる計画 »

2010年4月14日 (水)

テストラン

リトルカブは原動機付自転車です。
道交法上、今まで乗っていた自転車と似た括りなので
私にとっては都合の良いことです。
とはいえ、原付ならではの縛りもたくさんあるので、
今日はそれを徹底的に体験すべく、ツーリングへ出かけてきました。

【本日の行程】
自宅を出発して、市街地から松野を抜けて富士川沿いに東海道へ。
さった峠を所々1速キープで登り、記念撮影。

Dvc00057


2速で恐る恐る下りる。
52号を経て再び東海道へ合流。清水港からフェリーに乗る。

Dvc00060

土肥港にて下船。17号をひたすら北上。眺めの良い場所で昼食。

Dvc00066

奥様の勤務先で記念撮影。ちょっと寄り道してから1号線へ。
1号を新蒲原で降りて、富士川楽座でお土産購入。
再び松野を抜けて市街地へ戻り、無事帰宅。

【本日の走行記録】
走行距離 151km
所要時間 7時間
平均速度 21.5km/h
平均燃費 45.75km/l

【本日のおさらい】
キープレフト
30km/h巡航
二段階右折
フェリー乗船
給油

【総括】
原付は「漕がずに進める夢の機械」。
自転車乗りの視点だと、リトルカブはこう映ります。
ふかふかのシートに居座って、右手を軽く返すだけで
上り坂をすいすいと登ってゆくこの快適さ。

その年の最高気温を記録した数年前の夏のある日。
今日と全く同じルートにマウンテンバイクでチャレンジし、
残り15kmでギブアップした苦い思い出は、今も忘れません。
リベンジの今日は、景色を眺めて楽しむ余裕がありました。

幸いなことに、自転車での体験がしっかりと身についていたため
峠道の荒れた道路に慌てふためくこともなく、
徐々に自分のペースで旅を楽しむことができるようになりました。

奥様、約束の酒盗、買いましたぜ。

Dvc00063


« リトルカブ詳細 | トップページ | 線を繋げる計画 »

リトルカブ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1342771/34228370

この記事へのトラックバック一覧です: テストラン:

« リトルカブ詳細 | トップページ | 線を繋げる計画 »