« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »

2010年4月

2010年4月20日 (火)

予定変更無し

 明日は雨が降るとお天気予報のお姉さんが言ったので、お山へ出かけず家でゆっくりバイクのお掃除をしようと思っていたら、今はどうやら晴れそうな予報に変わっています。それでも予定を変えずにお掃除するのです。もう徹底的に錆を落として油汚れも取ってワックスもかけます。割れているシールドは接着して更に裏からアルミテープで養生するのです。

 コンクールコンディションとまではいかないだろうけど、「あ、新車買ったの?」なんて聞かれたらどうしようエヘヘ、ってなレベルに仕上げるのが目標です。

2010年4月16日 (金)

線を繋げる計画

 静岡と山梨の県境となる稜線を、数回に分けて少しずつ歩いています。

001

 南は田貫湖西側にある長者ヶ岳の山頂から、北は毛無山南西に位置する地蔵峠までの未踏破区間(赤線が付いていないところ)を繋げると、三方分山から天子ヶ岳までの稜線を繋げることができます。最後に残っているだけのことはあって、計画を立てづらい区間です。往復に7時間はかかる道のりなので、自宅からの所要時間を勘案すると、日帰りでは到底無理です。

002_4

 詳細地図を見ると、未踏破区間の真ん中辺りに林道のトンネルがあるのがわかります。「湯の奥猪之頭林道」と名付けられたこの道は、崩落の危険があるため定期的に閉鎖される難路ですが、現在静岡県側のトンネル手前まで行くことは可能です。そして、このトンネル入り口から稜線へ出るための登山道があるのです。

003_4


 以前、無謀にも自転車でこの峠越えにチャレンジしたことがあります。そのときはトンネルに到達した時点で日没が迫っていたため、すぐに引き返してきました。その後調べて登山道の存在を知り、県境の稜線を歩き繋げる計画が一気に現実化しましたが、いかんせんそこへ至るまでの移動手段を手に入れられませんでした。

 ここまで書いて、ようやく先日手に入れたリトルカブの出番がやってきます。原付バイクなら、林道脇に止めておいても通行の邪魔になることはありません。一気に往復などと無謀なことをせずとも、2回に分けてのんびり線を繋げればよいのです。このトンネルまでバイクで登ってきてしまえば、稜線まではすぐそこです。ただし、これでも登山と言えるのか?という疑問は残ります。

2010年4月14日 (水)

テストラン

リトルカブは原動機付自転車です。
道交法上、今まで乗っていた自転車と似た括りなので
私にとっては都合の良いことです。
とはいえ、原付ならではの縛りもたくさんあるので、
今日はそれを徹底的に体験すべく、ツーリングへ出かけてきました。

【本日の行程】
自宅を出発して、市街地から松野を抜けて富士川沿いに東海道へ。
さった峠を所々1速キープで登り、記念撮影。

Dvc00057


2速で恐る恐る下りる。
52号を経て再び東海道へ合流。清水港からフェリーに乗る。

Dvc00060

土肥港にて下船。17号をひたすら北上。眺めの良い場所で昼食。

Dvc00066

奥様の勤務先で記念撮影。ちょっと寄り道してから1号線へ。
1号を新蒲原で降りて、富士川楽座でお土産購入。
再び松野を抜けて市街地へ戻り、無事帰宅。

【本日の走行記録】
走行距離 151km
所要時間 7時間
平均速度 21.5km/h
平均燃費 45.75km/l

【本日のおさらい】
キープレフト
30km/h巡航
二段階右折
フェリー乗船
給油

【総括】
原付は「漕がずに進める夢の機械」。
自転車乗りの視点だと、リトルカブはこう映ります。
ふかふかのシートに居座って、右手を軽く返すだけで
上り坂をすいすいと登ってゆくこの快適さ。

その年の最高気温を記録した数年前の夏のある日。
今日と全く同じルートにマウンテンバイクでチャレンジし、
残り15kmでギブアップした苦い思い出は、今も忘れません。
リベンジの今日は、景色を眺めて楽しむ余裕がありました。

幸いなことに、自転車での体験がしっかりと身についていたため
峠道の荒れた道路に慌てふためくこともなく、
徐々に自分のペースで旅を楽しむことができるようになりました。

奥様、約束の酒盗、買いましたぜ。

Dvc00063


2010年4月 9日 (金)

リトルカブ詳細

Dvc00053_2

Dvc00054_2

Dvc00055_2

Dvc00056

 ナンバープレートが富士山の形になっています。

 メッキ部分に細かな錆が無数に浮いていますが、製造されてから13年も経っているので仕方のないことだと思います。よく見るとシートも傾いています。これは元々付いていたものではありません。オリジナルのシートは座面が破れていたため、モータースの社長が他のものと交換してくださいました。

 13年物で走行距離23000キロというのは、ほとんど走っていなかったようなものでしょうか。ほんの数キロ運転してみただけですが、まことに快調です。

2010年4月 8日 (木)

C50LV

Dvc00050

形式:C50LV
入手時の走行距離:23000キロ

97年製造の初期型のようです。フロントのカゴは前オーナーが取り付けたオプションです。
モータースで一通りレクチャーを聞いたあと、20年ぶりに運転して無事に帰宅しました。
任意保険のファミリーバイク特約も今日から実効です。
セルフスタータ無しのキック始動ですが、幸いかかりもよく苦労してくてもよさそうです。

2010年4月 6日 (火)

曇り 13度 6918歩

 モータースの社長から「ナンバー付いたよ」と連絡をいただきました。でも、肝心のヘルメットがまだ届きません。しばらく預かっていただくことにしました。とりあえず代金のお支払いに伺うと、綺麗に洗車されたリトルカブがガレージの隅でおとなしくしていました。ナンバープレートの上端に富士山の形が見えました。

 お店の方に「キック大丈夫ですか?」と聞かれましたので「一応経験はあるので大丈夫です」と答えましたが、本当に私は大丈夫なんでしょうか。ちょっと心配になってきました。なにせバイクに乗るのは20年ぶりくらいなのです。一応始動の方法も運転の仕方も知っているつもりでも、経験値は今やほぼゼロに近い状態です。人里離れたところでこっそり練習しますか。

2010年4月 5日 (月)

そして事態は思わぬ方向へ

 リトルカブの新車購入を相談するため、先日お話した社長のいるモータースを訪れました。早速話をすると、社長の視点が一瞬さまよったあと、「あ、リトルカブの中古、今あるよ」とおっしゃるではありませんか。なんということでしょう、そのまますぐにガレージ奥へ招かれ、現物と対面してきました。

 走行距離27000キロの外観に少々くたびれ感あるカブですが、幸い前オーナーがまめにオイル交換などしてくださったようなので、物は確かだということです。点検整備などを含めても新車価格の四分の一ほどで手に入りそうです。雨の中足を運んだ手間が報われました。

 あとは、マンション駐輪場の契約と、任意保険(ファミリーバイク特約)と、ヘルメットの購入くらいでしょうか。まだなんかあったかな。

【訂正】走行距離は23000キロでした

富士山ハザードマップ

 富士山周辺にご自宅がある方のもとへ、最近「富士山ハザードマップ」が配られたことと思います。先日芝川町と合併した富士宮市のサイトからもご覧いただけます。

 見ると、「大雨警報が出たときに避難する必要がある地域」に奥様の実家が含まれていました。大沢の下流となる潤井川に近い場所で、近くには砂防事務所の出張所もあり、大沢扇状地の砂防工事に出入りするダンプが往来を頻繁に行き来しています。
 幸いなことに、実家のすぐ近くに兄弟たちの住む家が数軒あって、年老いた母親の様子を誰かしら見守る環境ができています。私たち夫婦も時折訪れては畑の野菜をたくさん頂きます。

 私の山行きは富士山周辺部が主なので、途中で実家の近所を通ることもよくあります。ただ、自転車>山>自転車という行程では、いくら近所だとはいえ、ちょっと実家に寄って顔を見るということがハードでした。ぎりぎりの時間で行き帰りして、帰宅後に家事をする余裕も持っていなければなりません。
 昨日の日記に書いたリトルカブを手に入れた暁には、山の帰りに足繁く立ち寄って、たんまりと野菜を頂こうという魂胆なのです。カブには荷台もあるんだぜ、へっへっへ。


富士山ハザードマップ
http://www.city.fujinomiya.shizuoka.jp/bosai/images/tizu.jpg

2010年4月 4日 (日)

リトルカブ購入計画

Pht_photo_01_2

山へ行きたい気持ちが募っても、そこへ行くまでの手段が少ないと、気持ちばかりが空回りします。
月に数回麓へたどり着くまでのために乗用車を所有するのは不経済だし、
自宅から自転車で行ける距離には限りがあります。
バスや電車などの公共交通機関で行ける山は、更に少なくなります。

そんなことをいろいろと考えているうちに、バイクを使う方法に行き当たりました。
原付免許なら持ってるし、乗用車に比べたら購入費用もランニングコストも格段に少ないので、
小遣いの範囲で賄えます。
スクーターはちょっと怖いけど、カブだったらギアもあるし
ちょっとやそっとの悪路じゃ壊れないくらいに頑丈だし。

最初は中古のカブを探していました。ところが、物件が少ないのです。
ご近所のモータース社長さんに話を聞いたところ、
年配の方が持っていても壊れないから手放さないし若い子は乗りたがらないから、
そもそも中古の数が少ないんだそうです。

なかなか巡り会えない中古にやきもきするんだったら、いっそ新車で購入してしまおうか←今ここです

リトルカブかわいいよリトルカブ

4月4日日曜日 晴れ 10度 5465歩

Dvc00042
神社の池にかかる橋のたもとで花びらに寄ってみる

Dvc00039
帰宅途中に中学校の正門前で振り返ってみたらこんな風景


Dvc00040
散歩の途中に橋の上で富士山と桜と川

2010年4月 1日 (木)

一斉更新

3月18日の歩数を見たら7777歩でした。
普段ぞろ目を気にしていませんが、ちょっと驚きました。

携帯電話をドコモへMNPしたばかり、カメラの使い勝手に慣れていません。
指が映り込んでしまいます。

昨日はお休みだったので、散歩に行った後は寝てばかりいました。
しまいには寝ているのか起きているのかわからなくなり
「起きてるのに目が開かないどうしよう」と思ったらそれは夢でした。

相変わらず寒くて、手の平がやけに冷たくなって困ります。

« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »