« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »

2009年7月

2009年7月 7日 (火)

衛生兵!衛生兵!

奥様が「豆腐ステーキ作るぜ」というから、
気を利かせたつもりで豆腐切ってフライパンに油引いて。
豆腐入れた途端フライパンにくっつくくっつく。剥がれない。
焦って剥がそうとすれば豆腐崩れる。みるみる崩れる。
おれ涙目。超涙目。
フライパンの中の豆腐ステーキが麻婆豆腐風に大変身。
戦況の報告を受け、髪の毛を乾かす手を止め、沈黙する母艦。
おれ更に涙目。
衛生兵(おれ)が傷ついた豆腐の治療を施し、前線より撤退。
フライパンは焦土と化した。

敗戦の原因は加熱不足の油にあり。

2009年7月 6日 (月)

ホームフリーザー



わが家の冷蔵庫は冷凍室のスペースが狭いんです。奥様がお弁当に使うご飯や冷凍食品を入れると、他にはほとんど何も入りません。急なお客様がいらして飲み物用の氷を買ってきても、ストックしておく場所がないので、極力使い切るようにするしかありません。


これからますます暑くなって、冷たいものが手元に欲しくなる時期なので、相談してホームフリーザーを買うことにしました。


その昔、買った冷蔵庫を届けてくれた電気店の方に、「設置してすぐに電源を入れると機械が壊れることがあるので、数時間経ってからプラグを差し込んでください」と注意された記憶がありますが、購入したフリーザーの説明書を読むと、今時の冷蔵庫はすぐに電源を入れても壊れることはないそうです。こういう地味なところで家電は進化しているんだなあと感心しました。


感心するといえば、これは別の話ですが、昔からずっと持ち続けてきた私の疑問が近い将来解決しそうだというニュースを読みました。ノートPCを持ち運ぶ際などに大変不便だった、あのでかいACアダプターが、遂に小さくなるそうです。どのくらい小さくなるのかというと、なんとPC本体の中に組み込めるくらいに小さくなるというのです。


「新型トランジスタ:電力ロス抑制、ACアダプター不要に 富士通研が小型化技術」


http://mainichi.jp/select/science/news/20090624ddm003020012000c.html


PC本体はどんどん小型化していって、ついにはACアダプタより小さなPCが登場するという、嘘のような本当の時代です。今まで頑として小さくなろうとしなかったACアダプターが、なぜ急に小さくできるようになったのでしょう? その答えは、新型トランジスタの開発にありました。これにより、プラグが大きすぎて隣のコンセントまで塞いでしまうようなことは、徐々になくなるのでしょう。


「俺が若かった頃は電源がこーんなに大きくてなあ」などという昔話も、老人のほら吹きとして笑い飛ばされる時代が、もうすぐやってきそうです。


« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »